17歳の時に父親と喧嘩して家出した経験

女子高校生の家出詳細

 

私は17歳の時に一度家出をした事があります。

 

 

家出理由は父親と喧嘩をし、顔も見たくないと思ったからです。

 

 

父親は気が強く自分だけが正しいと思い込んでいて、自分が本当は欠点だらけの性格だという事を自覚せずに家族に説教をします。

 

 

そんな父親に心ない言葉を言われ、プチンと切れてしまい家出をしました。

 

 

行くあてもないのでひたすら駅の方角に向かって夜道を歩き、駅のすぐ傍まで着きました。

 

 

1週間くらいは会いたくないと思っていました。

 

 

 

家族の家出への対応とその結果

 

母親が車で探していた様で、駅の近くにいる私を見つけました。

 

 

車内で1時間程説得され、家に戻る事にしましたがその日は父親とは一切話さずすぐに自分の部屋に戻っていました。

 

 

翌日も話しませんでしたが、父親から謝られる事もなかったので以後冷めた気持ちで父親と話す様になりました。

なるべく早く見つけてあげましょう!

家出期間が長くなるほど、見つけることが難しくなるだけではありません。

家出先での環境に慣れてしまい、また、新しい人間関係ができたるため、見つけた後の対応も難しくなります。

捜索を急ぐ理由


捜索を急ぐ理由


▼24時間無料相談窓口開設中。メール、チャット相談もOK▼

原一探偵事務所はこちら